トップページ

  • TEXACO LEATHER MAN / FLOWER SHOWER
    LIVE at KOENJI HIGH 4.16.2022


    日本オリジナルのガレージパンクは彼らから始まったと言っても過言ではない、TEXACO LEATHER MANの最新実況録音盤が、45回転12インチのDJユースに耐えうる高音質仕様にて登場。

  • 日本オリジナルのガレージパンクは彼らから始まったと言っても過言ではない、TEXACO LEATHER MANの最新実況録音盤が、45回転12インチのDJユースに耐えうる高音質仕様にて登場。今年、4月16日に高円寺HIGHにて行われた、HAKAIDERSのリリースパーティーにゲスト出演した際に、BorisのAtsuo氏がミックスしたライブ音源から5曲を収録。オープニングを飾るフリーセッション以外は、それぞれ2003年発表の今のところ唯一のアルバム「DUKE」にも収録されたTEXACOの代表曲でもあるが、今回の録音はさらに凶暴性を200%増幅、新加入のベーシストTsubasaの豊富な音楽嗜好からも裏打ちされたよりサイケデリックかつジャンクなサウンドプロダクトが実現されている。世界的にみても、TEXACOが到達しているジャンク・ガレージほどの意味不明の破壊力と、正体不明の高揚をもたらすロックは数少ないのだが、このレコードこそそれを余すところなく伝えているのである。

  • TEXACO LEATHER MAN / FLOWER SHOWER
    LIVE at KOENJI HIGH 4.16.2022


    2022.12.21発売
    45回転 12インチアナログ
    ポスタージャケット仕様
    数量限定販売
    3,182円(税抜) / 3,500円(税込)
    BERMUDA RECORDS / Musicmine
    品番:MMDS22012LP

    SIDE A
    1.Opening Jam
    2.Photographer
    3.Jason Bill

    SIDE B
    1.Crime Finger
    2.Ghost Sugar

    購入はこちら

  • TEXACO LEATHER MAN

    1988年結成。GUITAR WOLF、MAD3、5.6.7.8's、ジャッキー&ザ・セドリックスなどと共に東京ガレージ・シーンを創出。以降、辻堂スプートニクや新木場RAW LIFEから東京ビックランブルまで多岐に渡るpartyに出演。レギュラーparty、Daddy-O-Nov氏によるback from the graveは1988年から現在も継続して出演中。